So-net無料ブログ作成
検索選択

Capitol(国会議事堂) [観光情報(DC)]

どうもここ数日鼻がムズムズ・・・この妙に懐かしいけど嫌な感じ、まさか花粉症?今のところそれほどはヒドクありませんが、心配です。



ca1.jpg先日国会議事堂の見学に行ってきました。ほとんどの政府機関の見学が中止または限定受付としている中、ここは見学がしやすい場所のようです。しかし荷物検査は厳重で、液体のものは水も持ち込めないほどの徹底振りでした。ハンドクリームなどもだめだそうです。実はここの見学は2回目。前は英語学校の先生がある州の上院議員の方と知り合いだそうで見学の段取りを組んでくれて、今回は別の方がまた別の議員さんに申し込みができるとのことで再度見学することができました。普通の見学者用の入り口もあったので議員さんを通さなくても見学は出来るようです。(地球の歩き方によると朝早く行くと整理券をゲットできるそうですが、予告無く変更になる可能性もあるのでぜひサイトなどで確認してからお出かけください)





ca3.jpg集合場所は議員会館の個室で、映画に出てくるような豪華な建物に豪華なオフィスにちょっと緊張。見学はオフィスの方が引率してくれます。1回目と2回目ではコースが少し違ったので、見学ルートは引率の方が独自に決めているのかもしれません。1度目には無かった見学場所で一番印象的だったのがこの電車(?)です。これは議員会館と議事堂を結ぶ専用連絡車です。もちろん脇には歩道もあるので歩けます。内部にこんな仕掛けがあるなんて!プラットホームまであり、まるで小さな駅のようになっていました。ちなみに一度目の見学では裏道のような怪しい地下道を歩きました。





ca2.jpg議事堂に入り、実際の見学に入るところにこんな像がありました。この像は「自由の女神像」で、国会議事堂のドームの頂上にある像と同じものだそうです。間近でみるとかなり大きいです。



















ca4.jpgドームの真下には円形大広間と呼ばれる広い空間があります。円形の部屋を囲むように大きな絵がたくさん飾られていました。これらの絵はアメリカ建国当時の様子をそれぞれあらわしているのだそうです。ドームの裏側にあたる、この部屋の天井はご覧のように美しいものでした。アメリカで色々なところを見学していて驚くのは天井の豪華さです。国会議事堂のあらゆる天井に見事な絵などが描かれているので、もし見学にいらしたらぜひ天井に注目してみてください。







他には昔の最高裁判所や実際に国会が行われるところ(実際に何か答弁のようなことをしていました。ここはさらに荷物検査が厳重で、もちろん写真は厳禁でした)なども見ることができました。

国会議事堂のすぐ近くにある議会図書館<過去ログはこちら>も素晴らしい建物なので、議事堂見学の後に行きやすいと思います。こちらの図書館では無料のツアーに参加すると建物の中に何気なく描かれていたり置かれていたりするものの意味を解説してくれるので、ツアー参加がオススメです。



国会議事堂公式サイトはこちらです。

http://www.congress.org/



2006/02/26 03:35

タイソンズ・コーナー [情報(DC)]

ご無沙汰しております。

どこか遠くに旅行にでも行っていると思われたかもしれませんが、実は近場をウロウロしながらオリンピックにかじりついている日々です。TVの見すぎで疲れているのかも?

オリンピックも終盤にきてようやく日本にも金メダルがきましたね!荒川選手、素晴らしい演技でした。個人的には村主選手の点数がもうちょっと高くてもいいかも~?とちょっと不満でした。村主選手の最後のスピンは圧巻でした。



ty.jpg話題は唐突に変りまして、先日ようやく行くことが出来たタイソンズ・コーナーです。タイソンズ・コーナーはおそらくDC近郊では一番大きなショッピングエリアだと思います。ただメトロだけでは行けないのが難点。車で行くか、バスを使わないと行けません。



タイソンズ・コーナーは大きく2つのエリアに別れています。写真はそのうちのギャラリアと呼ばれる高級店ばかりが入っているショッピングモールです。噂には聞いていましたが本当にブランドのお店ばかりが並んでいてびっくり!コーチはもちろん、カルティエやマックス・マーラ、併設されているホテルはこれまた高級ホテルの代名詞リッツ・カールトンです。ちなみにここのリッツ・カールトンにはワシントニアンで4つ星をゲットしたマエストロというレストランが入っています。ランチに行ってみようと思ったらランチは営業していないとのこと。残念!



デパートはメイシーズ、ニーマン・マーカス、サックス・フィフス・アベニューの3つが併設されています。

メイシーズはペンタゴンシティにある店舗と全く同じつくりでした。笑ってしまうほど同じで、ここはペンタゴンシティだっけ?と錯覚してしまうほど。



せっかく行きましたが結局何も買わず(買えず)に帰ってきてしまいました。近いうちにもう一つのタイソンズに行ってみたいと思っています。

タイソンズ・ギャラリアのサイトです。

http://www.tysonsgalleria.com/html/

2006/02/24 02:14

間が開きます [日記]

数日外出が重なるため、ちょっと更新が遅れます。

来週の火曜日くらいから再開できるかも~?

そろそろ写真もかなりたまってきたのでまとめて整理して載せようと思います。

では、数日後にまたよろしくお願いします

すごいところに行けました [日記]

先日、なんとホワイトハウスとペンタゴンに見学に行くことが出来ました!!



実はこれはとっても貴重なことなのです。

テロ以来アメリカの主要機関は一時見学を完全に取りやめていて、少しずつ見学者を受け入れているところでも申し込みは団体のみ、それも数ヶ月待ちなんて当たり前。

今回は知り合いのそのまた知り合いの方が申し込むことが出来るというので、便乗してお願いすることができました。



ホワイトハウス

こちらの持ち物検査は非常に厳しく、女性のハンドバッグも持って入ることができません。お財布と携帯電話などの貴重品のみです。

現在はほとんど団体での見学のみ受け付けているそうです。日本人の団体が申し込むには大使館などを通じないと難しいかもしれません。アメリカ人の見学者はかなり多く、私たちが行ったときには特に小学生の団体を多く見ました。

実際に見学できるのはほんの一部で、トータルで30分あれば全部見て周れるくらいしか見ることが出来ませんでした。展示も少なめ。大統領の執務室?は大統領が変るとインテリアなどが変るようで、各大統領の部屋の写真を一覧にしてあるところが面白かったです。

すぐ側にビジターセンターがあり、ここでホワイトハウス内の写真の入った絵葉書を購入することができます。実際に見ることができる部屋は全てこの葉書になっていました。葉書には見学できなかった部屋のものもあったので、ホワイトハウスの内部に興味のある方はぜひこの葉書をチェックしてみてください。



ペンタゴン

こちらは荷物検査はもちろん厳重ですが身分チェックも厳重で、2つ以上の身分証明が必要でした。この時点で既に少々緊張が。

中に入ると(入り口も重厚!)待合スペースの奥に演説の台(なんていうのでしょう?よく大統領が演説するときに使う、人の胸のあたりまでの高さがあって原稿やマイクなどを乗せる台です)がありました。記者会見などもここで行われるのかも?

その後ビジター用の名札を胸につけて、軍人の方が説明しながら案内してくれました。

建物の内部はまるで大きな駅のようで、職員用の入り口から入ると(まるで改札のようでした)大きなエスカレーターが何機かあり、その奥にはショッピングモールのようなショップスペースがありました。ファーストフードからギフトショップなど、それはもう幅広い種類のお店がありました。

要所要所に見学者用の展示があり、主にその展示を見ながらの見学でした。昔は普通に見学者をたくさん受け入れていたのかもしれません。礼拝堂が何箇所かにあったのが印象的でした。

特筆すべきはテロで飛行機が突っ込んだ場所に作られたメモリアルです。入り口のドアは普通のドアと変りはありませんでしたが、中はとても静かで、外のざわめきは聞こえませんでした。中には被害にあった方の名前が書かれた記念碑がありました。場所は本当に普通のビルの一角、この場所に飛行機が突入したなんて信じられませんでした。

解散後はビルの入り口にあるギフトショップへ寄って記念品を購入しました。鉛筆やペンなどに「ペンタゴン」と書かれたいかにもなお土産がたくさん売っていて逆にびっくりでした。



どちらも写真は完全にNGだったので写真はありません。ごめんなさい!



2006/02/16 0:45

バレンタインデー [日記]

警報にも関わらずあまり雪が降らなかったDCですが、NYなどは大変だったようですね。それこそ記録的な雪がどっかりと降り、交通機関も混乱したとか。ここ数日はオリンピック関連の番組ばかり見ていてニュースをみていなかったので、今日の朝のニュースで知りました。

オリンピックの番組では、予想通りアメリカの選手ばかり放送して日本の選手の情報は皆無です。たまたまアメリカの選手の近くにいた日本人選手がチラリと画面に映るくらい。日本選手の活躍はインターネットの日本のサイトで確認するしかありません・・・がどうもあまり調子が良くない様子。がんばってほしいところです。



ところでいよいよバレンタインデーですが、商魂たくましいアメリカではもちろんバレンタイン商戦が真っ盛りです。

日本と違うところは、アメリカではバレンタインデーは恋人などとロマンチックに過ごす日で男女どちらがプレゼントをしてもよいのだそうです。基本的には男性がプレゼントをすることが多いようです。義理のプレゼントは存在しないみたいです。

この時期のデパートはプレゼントを購入する男性にターゲットを絞って、ジュエリーや豪華なラッピングのお菓子、化粧品のセットなどが並んでいます。日曜日の新聞にどっさり付いてくる広告にもジュエリーがたくさん出ています。セクシーな下着で有名なビクトリアズ・シークレットでもプレゼントを買う男性をよく見かけました。



チョコレートは日本のお菓子メーカーが考えた日本独自のものかと思いきや、アメリカでもチョコレートのプレゼントはかなり一般的なようです。ゴディバなどの有名チョコレートはもちろんバレンタイン用のチョコレートを大プッシュしていますし、テレビでも巨大チョコレートが登場したりしています。スーパーでもハーシーなどのチョコレートがバレンタイン用のスペシャルパッケージを用意しています。

それでも日本のようにチョコレートを買うために大行列・・・とはならないようです。



さて、私も明日のバレンタインには気になっているチョコレートショップへ行ってみようかと思います。いや、自分が食べたいだけなのですが・・・。



2006/02/13 15:35

雪が降りました [日記]

f0d1d71f.jpg今年の東海岸は記録的な暖冬なんだそうで、先日の新聞にはDCの一部で既に桜が咲いてしまったとの記事が1面に載っていました。



確かにかなり暖かいです。12月に何回かまとまった雪が降ったものの、1月には雪は全く降らず。それどころかダウンジャケットでは暑いくらいの暖かさでした。日本から持ってきた分厚いコートたちの出番はなさそう・・・と思って油断していたらいきなり雪が降りました。

確かに先週の半ばから急に寒くなったとは思っていました。国会議事堂の前の池に初めて氷が張っているのを見たくらいです。木曜日あたりからニュースで「土日は大雪です!!」と警告し、それを受け雪が降る前から学校関連の行事などは早々に中止が決定されたようです。天気予報でも土曜日は雨または雪、日曜日は大雪となっていたので、密かにどのくらい降るのか期待していました。



ところが。土曜日は昼間はほとんど降らず、雨が少々、その後雪になりましたが大雪とはいえないくらい。夜中にかなり積もって写真のように雪だるまができるくらいにはなりました。

あれだけ「Heavy Snow」と警告していた今日の日曜日は時々チラチラと雪が舞うくらいで拍子抜けでした。



全く問題なく出歩ける程度だったのでお昼ご飯を食べがてら買い物に出てみたところ、いつも開いているベーグルショップやモールの中にあるいくつかのお店は閉店していました。



2006/02/12 19:50

バスケットの試合をみました! [日記]

ここ数日DC内を色々と観光する機会があり、歩き回って疲れて更新が滞ってしまいました。帰国が迫っているので観光にも力がはいってきました



ちょっと前になりますがバスケットの試合をみる機会がありましたのでこちらのご報告です。



ba1.jpg場所はMCIセンターといって、DCのスポーツチームのホームとして使われています。バスケットのウィザーズのほかにはアイスホッケーのキャピトルズのホームリンクとしても使われているそうです。スポーツだけでなくライブ会場としても使われることもあるそうです。

この日はWashington Wizards対Oklahoma Hornetsでした。

間近でみる試合はスピーディで迫力満点でした。

面白かったのはフリースローのときです。相手チーム(オクラホマ)のときは中央モニターに「Make Some Noise」という文字が現れ、手元に配られる細長いバルーンをバンバン叩いて邪魔をします。写真の左下に観客がもっている白くて細長いものがそのバルーンです。もちろん地元チームのときは静かにして、成功するとこのバルーンで大声援!わかりやすくて面白いですね。



バスケットといえば見所のひとつは選手の身長!でも試合だけをみていると全員大きいのであまりその大きさがつかめなかったのですが、途中コーチらしき人と並んだところを見たらやっぱり巨大!最も有名だという0番のGilbert Arenas選手、意外と小さいんだな~と思っていたらそれでも約194センチあるのだそうです。他の選手は一体どのくらいの大きさなんだ・・・。



ba2.jpg休憩時間にも観客を飽きさせないようにイベントが行われました。そのなかの一つに謎の着ぐるみスモウレスラーのパフォーマンスが・・・。まるで日本のお笑い番組をみているようでした。

他には小中学生?による縄跳びのパフォーマンスなど。











ba3.jpgそしてもちろん専属ダンスチームによるダンスもありました。ダンサーたちは途中何度か衣装替えをしながら試合前や試合の合間に中央でダンスをするほか、試合中は客席でポンポンを持って踊りながら応援していました。さすがのスタイルのよさに見とれてしまいました。



ウィザーズの公式サイトはこちらです。試合結果やダンスチームの情報もあります。

http://www.nba.com/wizards/



MCIセンターのサイトはこちらです。

>http://www.mcicenter.com/



2006/02/11 07:40

スーパーボール [TV]

3534b8f8.jpg2月5日はスーパーボールの日でした。

といっても実はアメフトなんてルールも知らないし、あまり興味がなかったのですが、アパートではみんなでアメフト観戦するイベントはあるし、テレビでは昼間から特番が流れているし、ここまで盛り上がっているならとりあえず一緒に盛り上がってみようとニセアメフトファンになることにしました。



とりあえずアパートのイベント会場へ。

DC近郊のアパートはかなり大型のものが多く、たいていのアパートには大型モニターやバースペース、ビリヤード台などがついたパーティールームがあります。アパートのイベントはここで行われることが多いです。開始から1時間くらいしてから行ったので、部屋いっぱいに人がいて騒いでいるのかとおもいきや、設置してあるイスに座れるくらいの人数で割と静かに観戦していました。イスに座れなかった人は自分の部屋で見ることにして戻ってしまったみたいです。シュリンプカクテルやラップロールなど、パーティ用の簡単なおつまみとドリンクがあり、各自でお皿に盛って好き好きにテレビに見入っていました。温めるのに時間がかかるフライドチキンが登場するとおつまみスペースに一斉に人が集まってびっくり!

肝心の試合はやっぱりルールがよくわかりませんでしたいいプレーが出たりするとみんなでウォーと声を上げたり拍手がでたり、雰囲気は楽しめました。CMでも大笑いしながら見ているのがアメリカ流かも?



その後は私も部屋に帰って観戦することにしました。

楽しみにしていたのはハーフタイムショーです。今年はなんとローリング・ストーンズでした!演奏はたしか3曲ほどでしたが、このために特設のステージが作られていました。

2年ほど前はジャネット・ジャクソンがこのハーフタイムショーでアクシデントを起こしてしまいましたが、これだけ全米で注目を集めているところでのアクシデントなら話題になっても仕方がないかもしれません。



結局ニセファンにはなりきれないうちにスーパーボールは終わってしまいました。

イベント会場から部屋に帰る前に外にでて買い物をしたのですが、気のせいかいつもより人が少ないような気がしました。もしかしたらほとんどの人は家で試合を見ていたのかもしれません。



写真はイベント会場にあったペプシの缶です。よくみると日付などが書かれています。どうやら今年の、この一日のために作られた特別デザインの缶だったみたいです。



2005/02/07 05:22

セザンヌ展に行ってきました [日記]

先日のブログに書いた、ナショナルギャラリーのセザンヌ展に行ってきました。



せっかくだから行ってみようと思っていた矢先にお誘いを受けたのでもちろん喜んで行ってきました。

土曜日だから多少混雑していることは予想していましたが・・・これほどとは!まずセザンヌ展の展示室に入るのにかなりの大行列ができていました。これにはびっくり!それでもできるだけたくさんの人が入れるように係員の方が「もっと奥に詰めてください!」というようなことを言っていましたが、展示室内もすごい混雑でゆっくり絵画を楽しむ、という雰囲気ではありませんでした。

ゆっくり見学するなら平日をオススメします。



最初は写真と撮っていたのですが、途中でどうやら撮影禁止であることがわかりました。う~ん残念。というわけで写真がありません。



中にはよくこれだけ集まったものだというくらい、セザンヌの絵画がたくさんありました。軽く100点は超えていたと思います。

実はセザンヌの絵については全くといっていいほど知識がありませんでした。しばらく見ていくと、何か心にもやもやとした感情が。う~ん、なんだろう?しばらく見ていて思ったのは、全体になんとなく哀愁というか、独特の暗さがあるのが理由かも、と気づきました。特に人物の絵には笑ってる幸せそうな人物の絵は見当たらず、どこか怒っているような、またはどこか寂しそうな表情に見えました。(個人的な感想なので、もし違っていたらすみません)



展示室の入り口では5ドルで解説が聞けるヘッドフォンレンタルもありました。英語のみだったので今回は借りませんでした。

出口では画集やポスターなどが販売されていました。

もちろん入場自体は無料です。



セザンヌ展の人気のおかげでいつも混んでいるほかの人気展示はかなりガラガラになっていましたので、逆にチャンスかもしれません。



ナショナルギャラリーのサイトです。セザンヌ展についてはexhibitionsに出ています。

http://www.nga.gov/



2006/02/05 03:27

Desperate Housewives [TV]

日本でも「デスパレートな妻たち」という名前で放送しているこの番組は今第2シーズンが放送中です。



この番組を初めてちゃんとみたのが第1シーズンの最終回でした。

その後続きが気になり、第2シーズンに入ってからちゃんと見るようになり・・・はまりました。



まずメインキャラクターの4人がそれぞれ個性があって魅力的。勝手なことをしていたりわがままをしていても、どこか憎めない妻たちが素敵です。

私のお気に入りはマーシャ・クロス演じるブリーです。日ごろから家事・身だしなみには一切手を抜かず、隙のない完璧な妻です。友人たちからの信頼も厚い様子。ゲストのおもてなしも完璧・・・なのですが、突然キレてぶっとんだ行動をするところが面白くて目が離せないキャラクターです。第1シーズンの最終回では「もしかしてものすごく怖い人なのでは?」と思ってしまったのですが、その誤解は第2シーズンを見ていくうちに解けました。でもかなり怖い一面もあるのも事実で、そのギャップがまた面白いところです。



第2シーズンでは近所にいかにも訳あり風の怪しい一家が引っ越してきたり、相変わらず目が離せません。ネタバレになってしまうので詳しく書くのはやめておきます。

とりあえず日本に戻った後も見ることができそうなので一安心。DVDも発売してほしいです。



公式サイトはこちらで

http://abc.go.com/primetime/desperate/



日本のサイトはこちらです。

http://www3.nhk.or.jp/kaigai/dh/



2006/01/31 23:38

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。