So-net無料ブログ作成

ヨガとケーキ [日記]

ec0aae9d.jpg先日から週1回、ヨガを習い始めました!

先生はニューヨークに長く住んでいらした雅子さん



ヨガを始めたいと思ったきっかけは、ずばりシェイプアップです。アメリカ生活のせいか年のせいか、ただの運動不足かは不明ですがどうも下半身に肉が付いて(増えて?)来たような。アメリカではここ数年有名女優さんもこぞってやっているくらい流行っているそうなので、こっちでヨガをぜひやってみたいと思っていました。

でもいざとなるとなかなか。英語が心配というのもありますが、レッスン料が高かったり、希望の時間にクラスがなかったり。もうあきらめかけた2月の下旬、雅子さんがレッスンを始めると知り、数分後には申し込みのメールを書いてしまいました。レッスンの日時もまさに私が希望していたものだったし、これはもう縁があったに違いない!



実際始めてみると、ヨガって気持ちいい!普段使っていない筋肉がぐーっと伸びるのがわかります。スポーツクラブに通っていたときにもストレッチはやっていましたが、普通のストレッチだときちんと狙った筋肉に付加をかけるのが結構難しいのです。それがヨガだときちんとポーズをとると自然と筋肉が伸びてくれるような気がします。あの不思議なポーズには理由があるのですね~。



レッスンのあとのお茶の時間がまた最高のリラックスタイム♪ヨガの話で盛り上がるかと思いきや、話は自然とネコの拓ちゃんに集中。この拓ちゃん、本当にいい子でかわいいんです!!レッスン中は絶対に邪魔してこないのです(空気を読んでる?)。お茶の時間になるとヒョイと現れて、気まぐれにお部屋を歩いたりクニャっと眠ってしまったり。拓ちゃんを見ているだけで癒されてしまいます。



写真のケーキは何かというと、レッスンの帰りにベセスダ駅の近くのLa Madeleineというカフェで買ってみました。ベセスダはおいしそうなお店がたくさんあって帰り道も楽しいのです。ケーキを買っている間はヨガの目的(ダイエット)のことはすっかり忘れてこんなにどっさり買い込んでしまいました。

どのケーキもおいしかったのですが、特にクロワッサンはお気に入りになりました♪



2006/03/06 01:26

間が開きます [日記]

数日外出が重なるため、ちょっと更新が遅れます。

来週の火曜日くらいから再開できるかも~?

そろそろ写真もかなりたまってきたのでまとめて整理して載せようと思います。

では、数日後にまたよろしくお願いします

すごいところに行けました [日記]

先日、なんとホワイトハウスとペンタゴンに見学に行くことが出来ました!!



実はこれはとっても貴重なことなのです。

テロ以来アメリカの主要機関は一時見学を完全に取りやめていて、少しずつ見学者を受け入れているところでも申し込みは団体のみ、それも数ヶ月待ちなんて当たり前。

今回は知り合いのそのまた知り合いの方が申し込むことが出来るというので、便乗してお願いすることができました。



ホワイトハウス

こちらの持ち物検査は非常に厳しく、女性のハンドバッグも持って入ることができません。お財布と携帯電話などの貴重品のみです。

現在はほとんど団体での見学のみ受け付けているそうです。日本人の団体が申し込むには大使館などを通じないと難しいかもしれません。アメリカ人の見学者はかなり多く、私たちが行ったときには特に小学生の団体を多く見ました。

実際に見学できるのはほんの一部で、トータルで30分あれば全部見て周れるくらいしか見ることが出来ませんでした。展示も少なめ。大統領の執務室?は大統領が変るとインテリアなどが変るようで、各大統領の部屋の写真を一覧にしてあるところが面白かったです。

すぐ側にビジターセンターがあり、ここでホワイトハウス内の写真の入った絵葉書を購入することができます。実際に見ることができる部屋は全てこの葉書になっていました。葉書には見学できなかった部屋のものもあったので、ホワイトハウスの内部に興味のある方はぜひこの葉書をチェックしてみてください。



ペンタゴン

こちらは荷物検査はもちろん厳重ですが身分チェックも厳重で、2つ以上の身分証明が必要でした。この時点で既に少々緊張が。

中に入ると(入り口も重厚!)待合スペースの奥に演説の台(なんていうのでしょう?よく大統領が演説するときに使う、人の胸のあたりまでの高さがあって原稿やマイクなどを乗せる台です)がありました。記者会見などもここで行われるのかも?

その後ビジター用の名札を胸につけて、軍人の方が説明しながら案内してくれました。

建物の内部はまるで大きな駅のようで、職員用の入り口から入ると(まるで改札のようでした)大きなエスカレーターが何機かあり、その奥にはショッピングモールのようなショップスペースがありました。ファーストフードからギフトショップなど、それはもう幅広い種類のお店がありました。

要所要所に見学者用の展示があり、主にその展示を見ながらの見学でした。昔は普通に見学者をたくさん受け入れていたのかもしれません。礼拝堂が何箇所かにあったのが印象的でした。

特筆すべきはテロで飛行機が突っ込んだ場所に作られたメモリアルです。入り口のドアは普通のドアと変りはありませんでしたが、中はとても静かで、外のざわめきは聞こえませんでした。中には被害にあった方の名前が書かれた記念碑がありました。場所は本当に普通のビルの一角、この場所に飛行機が突入したなんて信じられませんでした。

解散後はビルの入り口にあるギフトショップへ寄って記念品を購入しました。鉛筆やペンなどに「ペンタゴン」と書かれたいかにもなお土産がたくさん売っていて逆にびっくりでした。



どちらも写真は完全にNGだったので写真はありません。ごめんなさい!



2006/02/16 0:45

バレンタインデー [日記]

警報にも関わらずあまり雪が降らなかったDCですが、NYなどは大変だったようですね。それこそ記録的な雪がどっかりと降り、交通機関も混乱したとか。ここ数日はオリンピック関連の番組ばかり見ていてニュースをみていなかったので、今日の朝のニュースで知りました。

オリンピックの番組では、予想通りアメリカの選手ばかり放送して日本の選手の情報は皆無です。たまたまアメリカの選手の近くにいた日本人選手がチラリと画面に映るくらい。日本選手の活躍はインターネットの日本のサイトで確認するしかありません・・・がどうもあまり調子が良くない様子。がんばってほしいところです。



ところでいよいよバレンタインデーですが、商魂たくましいアメリカではもちろんバレンタイン商戦が真っ盛りです。

日本と違うところは、アメリカではバレンタインデーは恋人などとロマンチックに過ごす日で男女どちらがプレゼントをしてもよいのだそうです。基本的には男性がプレゼントをすることが多いようです。義理のプレゼントは存在しないみたいです。

この時期のデパートはプレゼントを購入する男性にターゲットを絞って、ジュエリーや豪華なラッピングのお菓子、化粧品のセットなどが並んでいます。日曜日の新聞にどっさり付いてくる広告にもジュエリーがたくさん出ています。セクシーな下着で有名なビクトリアズ・シークレットでもプレゼントを買う男性をよく見かけました。



チョコレートは日本のお菓子メーカーが考えた日本独自のものかと思いきや、アメリカでもチョコレートのプレゼントはかなり一般的なようです。ゴディバなどの有名チョコレートはもちろんバレンタイン用のチョコレートを大プッシュしていますし、テレビでも巨大チョコレートが登場したりしています。スーパーでもハーシーなどのチョコレートがバレンタイン用のスペシャルパッケージを用意しています。

それでも日本のようにチョコレートを買うために大行列・・・とはならないようです。



さて、私も明日のバレンタインには気になっているチョコレートショップへ行ってみようかと思います。いや、自分が食べたいだけなのですが・・・。



2006/02/13 15:35

雪が降りました [日記]

f0d1d71f.jpg今年の東海岸は記録的な暖冬なんだそうで、先日の新聞にはDCの一部で既に桜が咲いてしまったとの記事が1面に載っていました。



確かにかなり暖かいです。12月に何回かまとまった雪が降ったものの、1月には雪は全く降らず。それどころかダウンジャケットでは暑いくらいの暖かさでした。日本から持ってきた分厚いコートたちの出番はなさそう・・・と思って油断していたらいきなり雪が降りました。

確かに先週の半ばから急に寒くなったとは思っていました。国会議事堂の前の池に初めて氷が張っているのを見たくらいです。木曜日あたりからニュースで「土日は大雪です!!」と警告し、それを受け雪が降る前から学校関連の行事などは早々に中止が決定されたようです。天気予報でも土曜日は雨または雪、日曜日は大雪となっていたので、密かにどのくらい降るのか期待していました。



ところが。土曜日は昼間はほとんど降らず、雨が少々、その後雪になりましたが大雪とはいえないくらい。夜中にかなり積もって写真のように雪だるまができるくらいにはなりました。

あれだけ「Heavy Snow」と警告していた今日の日曜日は時々チラチラと雪が舞うくらいで拍子抜けでした。



全く問題なく出歩ける程度だったのでお昼ご飯を食べがてら買い物に出てみたところ、いつも開いているベーグルショップやモールの中にあるいくつかのお店は閉店していました。



2006/02/12 19:50

バスケットの試合をみました! [日記]

ここ数日DC内を色々と観光する機会があり、歩き回って疲れて更新が滞ってしまいました。帰国が迫っているので観光にも力がはいってきました



ちょっと前になりますがバスケットの試合をみる機会がありましたのでこちらのご報告です。



ba1.jpg場所はMCIセンターといって、DCのスポーツチームのホームとして使われています。バスケットのウィザーズのほかにはアイスホッケーのキャピトルズのホームリンクとしても使われているそうです。スポーツだけでなくライブ会場としても使われることもあるそうです。

この日はWashington Wizards対Oklahoma Hornetsでした。

間近でみる試合はスピーディで迫力満点でした。

面白かったのはフリースローのときです。相手チーム(オクラホマ)のときは中央モニターに「Make Some Noise」という文字が現れ、手元に配られる細長いバルーンをバンバン叩いて邪魔をします。写真の左下に観客がもっている白くて細長いものがそのバルーンです。もちろん地元チームのときは静かにして、成功するとこのバルーンで大声援!わかりやすくて面白いですね。



バスケットといえば見所のひとつは選手の身長!でも試合だけをみていると全員大きいのであまりその大きさがつかめなかったのですが、途中コーチらしき人と並んだところを見たらやっぱり巨大!最も有名だという0番のGilbert Arenas選手、意外と小さいんだな~と思っていたらそれでも約194センチあるのだそうです。他の選手は一体どのくらいの大きさなんだ・・・。



ba2.jpg休憩時間にも観客を飽きさせないようにイベントが行われました。そのなかの一つに謎の着ぐるみスモウレスラーのパフォーマンスが・・・。まるで日本のお笑い番組をみているようでした。

他には小中学生?による縄跳びのパフォーマンスなど。











ba3.jpgそしてもちろん専属ダンスチームによるダンスもありました。ダンサーたちは途中何度か衣装替えをしながら試合前や試合の合間に中央でダンスをするほか、試合中は客席でポンポンを持って踊りながら応援していました。さすがのスタイルのよさに見とれてしまいました。



ウィザーズの公式サイトはこちらです。試合結果やダンスチームの情報もあります。

http://www.nba.com/wizards/



MCIセンターのサイトはこちらです。

>http://www.mcicenter.com/



2006/02/11 07:40

セザンヌ展に行ってきました [日記]

先日のブログに書いた、ナショナルギャラリーのセザンヌ展に行ってきました。



せっかくだから行ってみようと思っていた矢先にお誘いを受けたのでもちろん喜んで行ってきました。

土曜日だから多少混雑していることは予想していましたが・・・これほどとは!まずセザンヌ展の展示室に入るのにかなりの大行列ができていました。これにはびっくり!それでもできるだけたくさんの人が入れるように係員の方が「もっと奥に詰めてください!」というようなことを言っていましたが、展示室内もすごい混雑でゆっくり絵画を楽しむ、という雰囲気ではありませんでした。

ゆっくり見学するなら平日をオススメします。



最初は写真と撮っていたのですが、途中でどうやら撮影禁止であることがわかりました。う~ん残念。というわけで写真がありません。



中にはよくこれだけ集まったものだというくらい、セザンヌの絵画がたくさんありました。軽く100点は超えていたと思います。

実はセザンヌの絵については全くといっていいほど知識がありませんでした。しばらく見ていくと、何か心にもやもやとした感情が。う~ん、なんだろう?しばらく見ていて思ったのは、全体になんとなく哀愁というか、独特の暗さがあるのが理由かも、と気づきました。特に人物の絵には笑ってる幸せそうな人物の絵は見当たらず、どこか怒っているような、またはどこか寂しそうな表情に見えました。(個人的な感想なので、もし違っていたらすみません)



展示室の入り口では5ドルで解説が聞けるヘッドフォンのレンタルもありました。英語のみだったので今回は借りませんでした。

出口では画集やポスターなどが販売されていました。

もちろん入場自体は無料です。



セザンヌ展の人気のおかげでいつも混んでいるほかの人気展示はかなりガラガラになっていましたので、逆にチャンスかもしれません。



ナショナルギャラリーのサイトです。セザンヌ展についてはexhibitionsに出ています。

http://www.nga.gov/



2006/02/05 03:27

プレゼントのラッピング [日記]

今更なネタですが、ホリデーシーズンのラッピングがとてもキレイだったのでいくつかご紹介します。

こちらはこのホリデーシーズンが日本でいう「お中元とお歳暮をあわせたくらい」のビッグピレゼントシーズン、ということで、どのお店もこの時期専用のラッピングを用意して専用コーナーを設けて手早くラッピングしてくれます。



pre2.jpgまずはNYのブルーミングデールでシャネルの香水を買ったときのラッピングです。シャネルにしては地味だな~ちっともシャネルらしくない・・・と思いつつよく見てみると、ラッピングシートの柄にシャネルマークが目立たないように紛れていました。これ見よがしじゃないところが逆にセンスがいいですよね。写真ではわかりにくいのですが、ペーパーもパール感のある紙で高級感がありました。













pre1.jpgシャネルも素敵ですが、私が一番気に入ったのがこのロクシタンのラッピングです。ラッピングを頼むとクリスマスムードたっぷりのこんな箱に入れてくれました。ロクシタンでは他にも透明シートによる中身の見えるラッピングや薄い紙で無造作に包むラッピングなど商品のイメージや大きさによってラッピングを変えてくれるようでした。



実は上の二つはプレゼントではなくて、自分用のものなのです・・・。ラッピングがあまりにかわいくてお願いしてしまいました。この時期に買い物にいらっしゃるなら、ぜひクリスマス用のラッピングをお願いしてみてください。お土産にも喜ばれると思いますよ!

ちなみに上の二つは無料でしたが、お店によっては有料のところもあります。また混んでいるお店では相当待つこともありますのでご注意ください



2006/1/6 7:10

NYへ行ってきます! [日記]

明日からニューヨークへ行ってきます!

クリスマスシーズンのニューヨークは昔からの憧れ、アメリカ滞在中にこれだけははずせない!ということで、ストの最中ではありますが強行して行ってきます。

マンハッタンはそれほど大きくはないので気合を入れれば歩けないことはないし、何よりストによっていつもと違うニューヨークを見てくるのも経験?なんてノンキにしておりますが、果たしてどうなることやら。

無事に戻ってきましたらニューヨークの写真をアップしますね!



2005/12/22 22:12

クリスマス・パーティ [日記]

今度は夫の会社主催のクリスマスパーティに行ってきました。



案内状には「ドレスコード:カクテルなんちゃら」と書いてあり、まず一汗。それを見ても夫は気にしていない様子。こういう時、男の人っていいですよね~スーツを着ていけばとりあえず間違いはないんですから。

こちらに持ってきた服をどう探してもカクテルパーティ用の服はなし・・・数日間の交渉の末、一着買える事になりました。夫が渋っていた理由はどうも叶姉妹のような服を買うんじゃないかと思っていたようでした。そんなの買うかい!というか着れません(いろんな理由で・涙)。



寒い中道に迷ったりしながら着いてみたら、それこそ叶姉妹のようなゴージャスな女性たちがたくさん!ゴージャスさは足りなかったものの、やっぱり服を買っておいてよかった・・・。そして、あちこちで外国のパーティでよく見る「スタンディング・トーク」の輪が出来ていました。は、入れない・・・。とりあえずひたすら食べました。

このまま逃げ切ろうと思っていましたが、そのうち何人かに紹介されたり、会った事のある人と再会したりして、気がついたら私もスタンディングしていました。あまり余裕はありませんでしたが、遠目からみたら英語でバッチリ会話しているように見えたかも?実は相槌打ってただけでしたけど。ああ、英語が話せたらなぁ。



そのうちダンスタイムになりました。オールディーズやチークタイム用のスローな曲など、色々取り混ぜて音楽が流れて、ダンスコーナーは常に満員状態でした。

サンタクロースが来て(メンバーの仮装)プレゼントをくれたり、へんてこな賞の発表があったりととても楽しいパーティでした。



アメリカ人はパーティを盛り上げるのが本当にうまいですね。ゲストもノリがいいのでとても楽しいパーティでした。

写真らしい写真が撮れなかったのが残念!



2005/12/18 11:08



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。