So-net無料ブログ作成
検索選択

スーパーボール [TV]

3534b8f8.jpg2月5日はスーパーボールの日でした。

といっても実はアメフトなんてルールも知らないし、あまり興味がなかったのですが、アパートではみんなでアメフト観戦するイベントはあるし、テレビでは昼間から特番が流れているし、ここまで盛り上がっているならとりあえず一緒に盛り上がってみようとニセアメフトファンになることにしました。



とりあえずアパートのイベント会場へ。

DC近郊のアパートはかなり大型のものが多く、たいていのアパートには大型モニターやバースペース、ビリヤード台などがついたパーティールームがあります。アパートのイベントはここで行われることが多いです。開始から1時間くらいしてから行ったので、部屋いっぱいに人がいて騒いでいるのかとおもいきや、設置してあるイスに座れるくらいの人数で割と静かに観戦していました。イスに座れなかった人は自分の部屋で見ることにして戻ってしまったみたいです。シュリンプカクテルやラップロールなど、パーティ用の簡単なおつまみとドリンクがあり、各自でお皿に盛って好き好きにテレビに見入っていました。温めるのに時間がかかるフライドチキンが登場するとおつまみスペースに一斉に人が集まってびっくり!

肝心の試合はやっぱりルールがよくわかりませんでしたいいプレーが出たりするとみんなでウォーと声を上げたり拍手がでたり、雰囲気は楽しめました。CMでも大笑いしながら見ているのがアメリカ流かも?



その後は私も部屋に帰って観戦することにしました。

楽しみにしていたのはハーフタイムショーです。今年はなんとローリング・ストーンズでした!演奏はたしか3曲ほどでしたが、このために特設のステージが作られていました。

2年ほど前はジャネット・ジャクソンがこのハーフタイムショーでアクシデントを起こしてしまいましたが、これだけ全米で注目を集めているところでのアクシデントなら話題になっても仕方がないかもしれません。



結局ニセファンにはなりきれないうちにスーパーボールは終わってしまいました。

イベント会場から部屋に帰る前に外にでて買い物をしたのですが、気のせいかいつもより人が少ないような気がしました。もしかしたらほとんどの人は家で試合を見ていたのかもしれません。



写真はイベント会場にあったペプシの缶です。よくみると日付などが書かれています。どうやら今年の、この一日のために作られた特別デザインの缶だったみたいです。



2005/02/07 05:22

Desperate Housewives [TV]

日本でも「デスパレートな妻たち」という名前で放送しているこの番組は今第2シーズンが放送中です。



この番組を初めてちゃんとみたのが第1シーズンの最終回でした。

その後続きが気になり、第2シーズンに入ってからちゃんと見るようになり・・・はまりました。



まずメインキャラクターの4人がそれぞれ個性があって魅力的。勝手なことをしていたりわがままをしていても、どこか憎めない妻たちが素敵です。

私のお気に入りはマーシャ・クロス演じるブリーです。日ごろから家事・身だしなみには一切手を抜かず、隙のない完璧な妻です。友人たちからの信頼も厚い様子。ゲストのおもてなしも完璧・・・なのですが、突然キレてぶっとんだ行動をするところが面白くて目が離せないキャラクターです。第1シーズンの最終回では「もしかしてものすごく怖い人なのでは?」と思ってしまったのですが、その誤解は第2シーズンを見ていくうちに解けました。でもかなり怖い一面もあるのも事実で、そのギャップがまた面白いところです。



第2シーズンでは近所にいかにも訳あり風の怪しい一家が引っ越してきたり、相変わらず目が離せません。ネタバレになってしまうので詳しく書くのはやめておきます。

とりあえず日本に戻った後も見ることができそうなので一安心。DVDも発売してほしいです。



公式サイトはこちらで

http://abc.go.com/primetime/desperate/



日本のサイトはこちらです。

http://www3.nhk.or.jp/kaigai/dh/



2006/01/31 23:38

料理番組 [TV]

料理はあまり好きではないのですが食べることは好きなので、見る番組がないときはよく料理専門チャンネルをつけています。



日本の料理番組では、最初と最後に材料と分量をきちんと表のようにして見せてくれて、先生の側でアシスタントが「ここで砂糖をおおさじ1杯です」と入れるタイミングなどをわかりやすく説明していますよね。



でもアメリカではスタイルが全く違います。基本的にアシスタントなしで料理研究家本人が一人でずっとしゃべりながら作ります。エプロンは誰も着ていません。材料の説明もほとんどなし、作業中に冷蔵庫に行って「あとニンジンとベーコンがいるのよね~」としゃべりながらどんどん材料を追加、「塩少々」といいながら結構どっさりと入れていたりするので番組だけを見ていても簡単には作れない感じです。

その中で私のお気に入りの番組をいくつかご紹介します


続きを読む


Will & Grace [TV]

日本でも放送している「ウィル&グレース」、こちらでは現在最終シリーズである第9シーズンが放送中です。



この番組はアメリカでよくあるパターンのシットコムと呼ばれる、観客の笑い声が一緒に収録されたドラマです。「フレンズ」や「フルハウス」、古くは「奥様は魔女」のようなタイプの番組です。収録のときにはスタジオに観客が入り、目の前で大笑いしながら収録が進むはずです。

なぜこんなことを事細かに説明しているかというと、この「ウィル&グレース」はなんとそれを生放送でやってしまったのです。これはちょっと、すごいと思いませんか?第9シーズンまで続く人気番組なら視聴率も相当高いはず、それを生放送で演じてしまうなんて!



この生放送はこのシーズンの初回と、そのほかにもう一度、計2回ありました。

いつもは収録済みなのでクローズドキャプションがセリフと同時に表示されるので英語が苦手な私でも理解しやすいのですが、ライブではさすがにキャプションが追いついていませんでした。

でも見ている間は内容より何か起こるかも?という期待感の方が強くて、ハラハラしながら見てしまいました。先日の生放送ではまるでドリフのようなドタバタシーンもありました。怒るシーンなのに明らかに笑いをこらえているのがわかるシーンもあったりして、いつもとはかなり違った楽しみ方ができました。

それでもすぐに元通りの顔になり、演技を続けられるのはさすがでした。



下の公式サイトではその生放送の様子も少し見ることができます。

体当たりのドタバタシーンをぜひ見てみてください!

http://www.nbc.com/Will_&_Grace/



2005/01/25 22:52

skating with celebrities [TV]

すっかり間が開いてしまいました。

冬休みから通常の生活リズムに移行できず、生活狂いまくり・・・。





それでもTVは欠かせません!

先週の水曜日、アメリカンアイドルの後にプレミア放送があった「スケーティング・ウィズ・セレブリティーズ」、直訳すると「有名人とスケート」?

その名の通り、この番組は各界の著名人がフィギュアスケートにチャレンジする番組です。各界といってもナンシー・ケリガンなど元オリンピックスケーターも混ざっています。他にはスケート以外のスポーツ選手や俳優・女優などが参加しています。



番組の構成は、毎週テーマに沿ったプログラムを各ペアが演じ、採点の結果最下位だったペアが一組ずつ落選していくというアメリカお得意のパターンです。

審査員は3人、元オリンピック選手のドロシー・ハミルを筆頭に実際の試合のように点数をつけていきます。一人辛口批評家がいるのもこの手の番組のお約束です。



それにしてもどのペアも素人とは思えないほど(元選手は除く)うまくて、驚きました。

それにもう一つの驚きは参加選手に懐かしい名前を見かけたこと。一人はデビッド・クーリエ、日本でも人気のあるドラマ「フルハウス」のジョーイおじさんを演じていた俳優です。顔は全く変っていなくてお茶目なジョーイそのものでした。彼はアイスホッケーの選手だったことがあるそうで、スケートの腕はかなり上手いのですがフィギュアのスタイルに慣れなくて苦労しているみたいです。デビッドのペアの相手はナンシー・ケリガンです。ナンシーも現役選手のころはスキャンダルで有名になったスケーターですよね。

もう一人はデブラ・ギブソン。もしかして、あのデビー・ギブソンかも??と思うのですが、紹介でそれらしいことに触れられていなくて謎なのですが(他の俳優や女優さんは代表作の説明などがありました)、たぶんあのデビー・ギブソンではないかと思います。



きっと冬季オリンピックをにらんだ企画なのだと思いますが、フィギュアは好きなので今後も見てみようと思います。



公式サイトです。

http://www.fox.com/skating/

2006/01/24 18:26

アメリカン・アイドル [TV]

TVはアメリカの方が大好きな私。毎日どっぷりTV漬けです。



先日始まった24に続いて、今日からアメリカンアイドルの新シリーズが始まります(全然タイプが違いますが・・・)。ちょうど渡米した頃に前シリーズがクライマックスに向けて盛り上がっていたところでした。投票しようとしましたが、全然電話がつながらなくてダメでしたけど。

ちなみに応援していたのは優勝したキャリーアンダーウッドです。彼女の声は本当にすごくて、聞いていて鳥肌がたったほど。絶対に彼女が優勝する!と確信していました(というより応援していました)。でも周りではもう一人の優勝候補、ボー・バイスを応援している人が多くて、最後まで勝手にハラハラしながら楽しめました。



審査員の一人、ポーラ・アブドゥルのスキャンダルが発覚しましたが(過去の候補者を有利に運んだ疑いがあったそうです)今回も引き続き審査員をするそうです。ポーラ・アブドゥルは80年代の洋楽を聴いていた方なら懐かしい名前ですよね。審査員に彼女を見つけてびっくりしました。



今日からの新シリーズ、これも最後まで見られないのが残念・・・と思ったら、なんと日本でも放送が決定したのですね。ほぼリアルタイムのようなので帰国への心配事がひとつ消えた重いです



アメリカの公式サイト

http://www.idolonfox.com/



日本のアメリカン・アイドルのサイト

>http://www.foxjapan.com/tv/bangumi/americanidol/main.html



>ウィキペディアのアメリカン・アイドルの項



2006/01/17 18:05

24~シーズン5~ [TV]

今日(昨日?)から、なんと24のシーズン5が始まりました!



今日と明日は2時間ずつのスペシャルで、2日で4時間分進みます。今のところ2時間進みましたが・・・もうさっそくすごい展開。いろんな人が死にまくり、敵と味方がわからなくなってます。

事前のCMで「最初の10分で何かが起こる」というようなことを言っていたのですが、何かなんてものじゃありません!CMが入るまで、歩いて数歩のところにある冷蔵庫まで飲み物を取りに行くことも出来なかったくらいです。



ネタバレしたい・・・けど我慢します。

シーズンの途中で帰国予定なので、最終回まで見られないのがアメリカ生活で一番名残惜しいところかもしれません。とりあえず、シーズン5は間違いなく期待できます!シーズン4は最後の2話くらいしか見ていませんが、こちらもすごい結末でした。



日本の24公式サイト

http://www.foxjapan.com/dvd-video/24/index_frames.html



アメリカFOXの24公式サイト

http://www.fox.com/24/



2006/01/16 02:25

24マラソン [TV]

今日ログインしたらいきなり仕様が変っててびっくり!ようやく新バージョンに変ったようです。



去年の11月ごろでしょうか、夜中に3話くらいずつ放送していた「24」にどっぷりハマり、毎日眠くて辛かった日々が続きました。その「24」を今まさに、なんと「24マラソン」としてぶっ続けで放送しているんです!放送しているのはつい先日終了した最新シーズンです。厳密には24時間ぶっ続けではなく、数時間に1時間の割合で他の番組を放送しています。24時間TVから離れずにエコノミークラス症候群になる人が続出してしまうと困るためでしょうか。

いまのところ6話くらいまで進んでいて、ただいま他の番組をやっているので私には休憩タイムです。



ネタばれになるので詳しいことは言えませんが、今回も見ているこっちの方が疲れ果ててしまいそうです。相変わらずジャックは不死身ですが、今のところシーズン2ほどの不死身ぶりは発揮していません。これからに期待です(笑)

シーズン3をまだ見ていないので初めてみる人がたくさんいますが、例によって既に消え去ってしまった人も多数います。



それにしても全部見ようとすると明日の夜中の2時まで外出もできないので、大変悩んでいます。やはりDVDで全部そろえたほうが健康のためにいいような気がしてきました。



ニューヨーク写真は明日からアップします!

Tommy Lee Goes To College [TV]

トミー・リーとは80年代に活躍したハードロックバンド「モトリー・クルー」のドラマーです。この番組では、なんとそのトミー・リーが大学に入学し、勉強する様子を放送しているのです!



去年放送されたものの再放送が今日から始まったので、さっそく見てみました。トミー・リーは42歳になったそうで、年は感じてしまいましたがやっぱり今見てもカッコいいです。まず入学手続きのためにオープンカーにのって初めて大学にやってくるところから番組は始まりました。大学はネブラスカ大学だそうです。

周りからは「トミー!!」と声援があり、大歓迎している学生もいましたが、刺青だらけの姿に目を白黒させている学生もちらほら。私は今の大学生にもモトリー・クルーが人気があるようなのにちょっとビックリ。



次はなんとルームメイト探しです。学生寮に行ってルームメイトを探している人を訪ねていきますが、対応がまちまちで面白かったです。



そして授業の風景ももちろん放送されました。英語の宿題の本の名前を忘れてしまったり、物理の授業ではつい居眠り・・・。



アメリカの大学では当たり前なのか、有名人だから特別なのかはわかりませんが、なんと教授の一人が担当となって授業の相談に乗ってくれるのには驚きました。一日目の授業が終わった後に部屋で、どの授業が難しかったか、など色々話を聞き、一番大変そうな科目(今回は化学)の担当教官に連絡を取りチューターという先輩学生を紹介するよう手配してくれていました。

このチューターは学生の目線で、授業のフォローはもちろん勉強のやり方などの相談にも乗ってくれていました。

日本の大学にも似たようなシステムはあったような気もしますが、利用している学生の話は聞いたことがありませんでした。留学生の場合は半ば強制的に担当学生をつけられるということはあったようです。

どの大学にもこういうシステムがあるなら、アメリカの大学は教官と学生の距離がとても近くて、学生のフォローの体制が整っていてちょっとうらやましいと思いました。



公式サイトはこちらです。

http://www.nbc.com/nbc/Tommy_Lee/

料理の鉄人・アメリカ版 [TV]

cecb8468.jpgなんと料理の鉄人のアメリカ版が放送されていました!

日本の番組に英語のキャプションをつけたものが放送されているのは見たことがあったのですが、なんとアメリカでオリジナル版が作られていたとは驚きました。



番組のタイトルは「IRON CHEF AMERICA」です。

写真は最後の、勝敗が伝えられるところです。左側にいる女性がアメリカの鉄人シェフです。日本のオリジナル版では和・中・フレンチ(orイタリアン)の鉄人シェフが登場していましたが、最初の部分を見逃したためアメリカではどんなジャンルの鉄人がいるのかはわかりませんでした。

セットも日本のものにそっくりです。鉄人の写真が背後に大きく飾られているところも似ていますね。鉄人の衣装は同じくちょっと派手でしたが、案内人の衣装(写真で中央にいる人)は普通の格好でちょっとがっかりでした。どうしても鹿賀丈史さんのイメージで見てしまうので地味に見えて仕方ありませんでした。「私の記憶が確かなら・・」などのキメ台詞も特になかったように感じました。



今日のテーマは「ハンバーガー」。といってもアメリカでよく見るダイナミックなハンバーガーだけではなくて、そこは鉄人バトル、バラエティ豊かなハンバーガーを作り上げていました。

生地から練ってひき肉をつめて揚げたり、パンなどすべての材料を小さく切ってミニハンバーガーセットを作ったり、アイスクリームでハンバーガーを作ったり。制限時間(1時間のようでした)内で見事なハンバーガーたちを作り上げていました。



勝敗は、なんと0.1点差で挑戦者の勝利でした。



番組の公式サイトです。

http://www.foodnetwork.com/food/show_ia/0,1976,FOOD_16696,00.html



どうやらフジテレビが逆輸入という形でこの番組を放送するそうです。

その広報サイトです。

http://www.fujitv.co.jp/cs/program/7215_058.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。