So-net無料ブログ作成
検索選択

チャイナタウンのおかゆ [食べ物]

ch01.jpg前にもちょっとチャイナタウンのことは書いたような気がしますが、DCのチャイナタウンの規模はとっても小さくて、中華料理店がたくさん並んでいるところを想像するとがっかりするかもしれません。

しかもほんの数年前まではこの一帯はとても治安の悪い場所で有名だったそうです。それがホッケーやバスケなどの会場となるMCIセンターが出来てから雰囲気が変ってきたのだとか。確かにMCIセンターの周辺はショッピングエリアになっていたりして、おしゃれな雰囲気です。現在は昼間なら普通に歩いても問題ありません。でも夜はMCIセンター周辺から離れると怖そうな感じでです。



それでも中華街はごらんのような大きな門があって、独特の魅力があります。各お店の名前にもそれぞれ中国語の表記もあったりして、そういうのを見て周るのもまた楽しいのです。

せっかくだから一度くらいはDCの中華街で食事してみたい!と思い、ベタですが「地球の歩き方」を見て気になるお店をピックアップして行ってきました。







ch02.jpgお店の名前は「富記(ふうき)」、英語ではFull Keeと書くそうです。駅からは1.5ブロックほど歩きます。たったこれだけ離れただけなのに、駅前の雰囲気とはガラリと変るから不思議です。ちょっとドキドキしながらお店を探し、入ってみるとかなり混雑していました。人気店のようです。



私はおかゆを食べようと決めていたので探してみたら、ない。もう置いていないのかも・・・とあきらめかけたら、よく見たらメニューのほかにもう一枚、別のメニューがあり、そちらに書いてありました。おかゆの種類を見てみると「Kidney」「Duck Bloood」「Tripe」・・・あまり普段食べないような食材が・・・ちょっと勇気がなかったので無難そうな「Pork & Preserved Egg」のおかゆを頼んでみました。たまごはどんな風に出てくるのかよくわからなかったのですが、食べてみたらどうやらピータンだったようです。おかゆ自体の味はとても淡白だったので、ピータンとポークの塩気がちょうどよく、かなりおいしくいただけました。

他に頼んだのはローストダックとフライドヌードル、どちらもかなり美味でした。



あ~もっと早くこのお店に来ていればよかった!値段も手ごろなのでかなりオススメです!



富記

509 H Street, NW

Washingon DC 20001

http://www.fullkeedc.com/

サイトではメニューも見られます。



2006/03/11 03:40

ペキンダックを食べました [食べ物]

DC近郊でかなり有名な、ペキンダックのお店「ペキン・グルメ・イン」にようやく行くことができました。

場所はフォールズ・チャーチ、近くにバスは通っているようでしたが、車で行った方が楽に行けると思います。



pe01.jpgお店の外観はこんな感じです。小さめのショッピングセンターの一角にあります。

私たちは予約をしないで直接行きました。お店に行く前の用事が早めに終わったのでお店に着いたのは5時半ごろだったでしょうか。夕食には早い時間だったのに入り口にはたくさんのウェイティングが!!これにはびっくり。待っている人は予約をしていて席が用意されるのを待っているか、大人数だったようで、2名であることを告げると幸いにも待ち時間なしですぐに入店できました。



お店の中にはたくさんの写真がありました。あまりにたくさんありすぎて誰が誰なのかチェックはできませんでしたが、とりあえずたくさんの有名人が来店したであろうことは想像できます。



私たちのテーブルの担当はおそらく中国の方でしたが、お客に日本人が多いのか少し日本語ができるようで「イラッシャイマセ!」「コンニチハ!」と片言の日本語で対応してくれました。

料理にはもちろんペキンダック!そのほかに、テーブルに案内されるときに他のテーブルに運ばれていたチャーハンがおいしそうだったのでチャーハンも、さらに名前は忘れてしまいましたが焼麺?もオーダー。



pe02.jpgペキンダックは噂どおり一羽まるごと運ばれてきて、その場で切り分けてくれました。写真は切り分けた後のお皿です。これだけなら普通のペキンダックですが、なんとこのお皿が約3皿分もでてきたんですよ。これまで食べたことのあるペキンダックは皮だけしか出てこなくて、さっきの大きな身は一体どこへ?と不満が残ったものですが、ここでは身もちゃんと切ってくれました。

写真右側に写っている皮というのでしょうか、シートにダックとネギ(アメリカでは珍しいくらいの辛味の強いネギでした)、甘いソースをのせて、巻いて食べます。んー!ダックの皮がパリパリでおいしい!特にネギの辛味がいい感じです。

これだけなら全部食べても楽勝~っと甘く見ていましたが、やっぱりかなりお腹がいっぱいになってしまいました。チャーハンと麺はほとんど食べられず、お持ち帰りにしてもらいました。



聞いた話ではダックの骨も持ち帰れるとのことだったので聞いてみたところ「?え?持って帰るの?」みたいな反応で冷や汗。最近は持って帰る人は少ないのでしょうか。もちろん包んでくれました。



今回はちょっと注文に失敗だったかも。次に行く機会があればダックと野菜などの一品料理のみで注文しようと思います。

4人以上だとコース料理も注文できるので、やはり中華は大人数で行った方が色々楽しめていいですね。



お店のサイトはこちらです。

http://www.pekinggourmet.com/



2006/03/09 01:15

アーミッシュ・マーケット [食べ物]

41860676.jpgメリーランド州にアーミッシュ・マーケットがあると聞いて、ちょっと遠いのですが行ってきました。



アーミッシュとは昔からの生活を頑なに守りながら生活している人たちです。主にペンシルベニア州のランカスターというところに住んでいるそうです。現在では英語も話すそうですが、基本的な言語はペンシルベニア・ダッチと呼ばれるドイツ語なのだそうです。(どうやらアメリカではダッチ(=オランダ)とドイツを混同して使っている模様)

先日ランカスターへ一泊旅行に行ったときにアーミッシュの生活を公開しているビレッジを見学して、アーミッシュにとても興味を持っていました。普段着る服の色まで決まっているほど厳しい規律の中で生活していて、電気や車は一切使わない・・・衝撃でした。



そのアーミッシュの人々がランカスターからやってきて開いているのがアーミッシュマーケットなのだそうです。

マーケットには近所の人と思われる普通のアメリカ人の方もいますが、本物のアーミッシュの人たちももちろんいます。アーミッシュの女性は独特のワンピースを着ていて、男性はりっぱなヒゲをたくわえているので一目でわかります。



マーケットには野菜や果物はもちろん、お肉やハム、パンやケーキなどありとあらゆるものが置かれていました。チキンはその場でグリルしたりフライしたりしているようで、店内にはおいしそうなニオイが・・・思わずゴクリ。

私が真っ先に手に取ったのが焼きたてのパンでした。それはもうフワフワで、見るからにおいしそう!たしかポテトブレッドだったと思います。

店内をぐるりと周って、次に気になったのがオレンジジュース。なぜかというと、店内の機械でその場でオレンジを絞り、そのままボトルに詰めているフレッシュすぎるオレンジジュースなのです。これを見たら買わないわけにはいきません!

そして私の大好きなアップルサイダーも大きいサイズをゲット。

チーズもおいしそうだし、チョコレートも・・・気が付いたら両手いっぱいに買い物袋が下がっていました。



本当はお肉なども試したかったのですが、その日は断念。でもとっても新鮮でおいしそうでした。



家に帰ってさっそくパンとジュースを食べました。いや~本当においしい!!パンは適度な甘みがあって何もつけなくてもとってもおいしい。そしてオレンジジュースは果物のままのオレンジをそのままかじっているようなおいしさ。

こんなマーケットが近所にあったらいいなぁ~。



このマーケットはBurtonsville Shopping Centerの一部にあります。営業時間は写真のとおり、木曜~土曜まで、土曜日は3時には終わってしまいます。



余談:最近はアーミッシュの方々の規律も昔ほど厳しくなく、遠出するときはバスなどを使ったり、適度に普通のアメリカの生活を取り入れているのだそうです。アーミッシュビレッジで聞いた話では、彼らは家の中に電話を引かず、遠くに連絡するときは家の外にある公衆電話を使う・・・と聞いていたのですが、このマーケットでは携帯電話を使うアーミッシュの男性を見てしまいました。



2006/03/07 03:34

シャーロッツビル~Michie Tavern~ [食べ物]

08c0e2b8.jpgシャーロッツビルでのランチは有名なMichie Tavern(ミッキータバーン)へ行くことにしました。



写真のように本当に人気のお店です。

人気の秘密は、まずは料理。伝統的な南部料理を食べることが出来ます。

基本的にはビュッフェ形式なのですが、普通のビュッフェとはちょっと違います。最初に好きなものをとって席に着いた後、料理を追加するには店員さんにお願いします。各席担当のウエイトレスが時々希望を聞きにきてくれますのでそのときに頼みます。他には料理を持って各席を回っているウエイトレスもいるので、欲しいものがまわってきたらお願いすればOKです。

メインの料理はフライドチキンと煮込んだポーク、他につけあわせとしてマッシュポテトや野菜などがありました。種類はちょっと少ないですが好きなだけ食べられるので満足感はありました。

ここのフライドチキンは特に人気があるようで、家で同じものが作れるようミックスも売られていました。ポークは少し酸味のある変った味付けでトロトロに煮込んであり、私はポークが気に入りました。



ビュッフェレーンの最後にドリンクを頼みます。ドリンクは席でも頼めます。ドリンクは別料金でした。お勧めはアメリカらしいアップルサイダーです。サイダーというと炭酸が入ったソーダのようなものを想像してしまいますが、アメリカでアップルサイダーというと普通のリンゴジュースのことのようです。ドリンクは他にコーラなどのソーダ類やワインがありました。

私はもちろんアップルサイダーをオーダー。おかわり自由だったのでちょっと得した気分(せこい)。(他のドリンクはわかりません)



もう一つの人気の秘密は古い建物と雰囲気です。

建物はバージニアで最も古い建物の一つで、なんと200年以上前に居酒屋として実際に使われていた建物を移築したものだそうです。有料ですが建物内を見学できるツアーもありました。

古きよきアメリカの雰囲気を出すためにウエイトレスも当時の衣装を身に着けています。帽子は隣のギフトショップで売られていました。



余談ですが、アメリカでは寒くなるとカフェにホットアップルサイダーが登場します。今年もちらほら見かけるようになりました。数年前に日本のスターバックスでも置いていたのですが無くなってしまったようです。密かに気に入っていたので残念。



公式サイトです。

http://www.michietavern.com/



2005/11/23 17:21

ペパーミント・モカ~スターバックス~ [食べ物]

4f8c3ee4.jpg街中は少しずつクリスマスらしく変りつつあります。ショッピングモールにはクリスマスツリーが飾られ始めました。



スターバックスではこの時期限定の赤いカップが登場しました。それと同時に同じく限定ドリンクがいくつか登場したので、さっそく「ペパーミント・モカ」を試してみました。

味はミントチョコレートのような感じで、ミントが程よくおいしかったと思います。他には「エッグノッグ・ラテ」「ジンジャーブレッド・ラテ」が新登場のようだったのでこちらも楽しみです。



カップもクリスマスらしく雰囲気が盛り上がりますよね。

スターバックスではドリンクだけでなく、クリスマスらしくラッピングされたギフトセットがいくつか登場していたり、クリスマス限定プリペイドカードも売っていました。このカードには専用の赤いカードホルダーが付いていて、これがまたかわいいんです!次に行ったら買ってしまいそう・・・。



スターバックスのサイトです。

サイトにはあまりクリスマスらしさがないのがちょっと残念。

http://www.starbucks.com/retail/beverages_lineup.asp?subcat=1



2005/11/17 0:12

エッグノッグ・ラテ~スターバックス~ [食べ物]

TBありがとうございます!



昨日エッグノッグ・ラテを飲んでみました。

う~ん、なんというか・・・あったかいミルクセーキ?のような・・・ちょっと不思議な(遠まわしな表現)味でした。

私の好みでは、ペパーミントラテのほうが気に入りました。次はジンジャーブレッドラテに期待!



スタバの赤いカップの専門サイトがありましたのでご紹介します。絵本みたいでかわいいサイトです。

http://www.theredcup.com/

cafe asia [食べ物]

35390710.jpgまるで代官山にでもありそうなカフェですが、このお店は「cafe asia」というDCにあるアジアン料理のお店です。日本食も食べられるのでこちらにいる日本人の間ではとても有名なお店です。もちろんアメリカ人にも人気があって、平日のお昼休みには外まで行列ができていることも多いそうです。



日本でカフェというと、コーヒーなどの飲み物やデザートがメインで、他は軽食や軽めのランチ・・・というイメージですが、こちらでは普通の食事がメインのレストランもカフェと呼ぶようです。いや、量は多いけれどアメリカ人にとっては軽食なのかもしれません。でもカフェと名がついていてもデザートの種類が少ないところも珍しくないので、日本のカフェをイメージして入るとガッカリ(というかびっくり)します。



このアジアンカフェではアジア料理全般が食べられます。日本人には懐かしいラーメンなどもありました。

せっかく日本食を食べられるチャンスでしたが、私はついついインドネシア風フライドライスとアイスベトナムコーヒーをオーダーしました。夫はラーメン。前評判の通りおいしかったです。でも例によって量がすごい!フライドライスは絶対に日本の2人前くらいありました。



DC内に一軒と、DCの隣のバージニア州Rosslynという駅一軒あります。どちらもメトロで行けるのもポイントが高いです。おいしいお店の情報を聞いても車でないと行けない場所にあることが多いので、メトロでいけるおいしいお店って貴重です。



お店のサイトです

http://www.cafeasia.com/index.html



2005/11/15 22:58

アメリカにヴィ・ド・フランスが! [食べ物]

639e9bbb.jpgなんと驚くことに、アメリカにもヴィ・ド・フランスがあったんです!



写真のお店はRosslynという駅の近くにあります。といってもこの一軒しか見たことがないのですが。

メニューやシステムは日本のお店と全く違います。

日本だとパンは各自で好きなものを取りますが、このお店ではショーケースの中にあるパンを指定して、お店の人に取ってもらいます。

パンの種類はかなり少なくてがっかりです。お昼前の一番品数が多そうなときにいったのに、置いてあるパンはクロワッサンと甘そうなデニッシュが数種類だけ。日本のバラエティ豊かな品揃えを知っているとかなり物足りません。



レジの近くに「ブレックファーストメニュー」があり、クロワッサンに卵やソーセージをはさんだサンドイッチが数種類あるのがわかりました。ダメモトでこれを今(12時で既にランチメニューになっている時間です)頼んでもいいか聞いてみたらあっさりOK。アメリカのこういうアバウトなところは大好きです。ランチにはスープサラダとパンを組み合わせたコンビネーションメニューがオススメのようでした。



そして一番違うのは営業時間です。このお店はなんと午後3時に閉店してしまいます。アメリカの、特にオフィス街では朝食~ランチのみ営業しているデリやカフェがとてもたくさんあります。日本ではいつも夕方にヴィ・ド・フランスで買い物をしていたのであまりに早くしまってしまうのはちょっと残念です。



2005/11/11 02:52

COLD STONE~コールドストーン~ [食べ物]

94116271.jpgCOLD STONE CREAMERYが日本にもオープンしたそうですね。



ここのアイスクリームはアメリカでは本当に人気があります。家の近所にお店がオープンした頃は毎日毎日ものすごい行列でした。数ヶ月たったいまでもまだ人気は衰えていません。



一見サーティワンアイスクリームと同じような店構えですが、ここの特徴はアイスクリームとトッピングをコールドストーン(冷たい石)の上でこねるように混ぜるところです。あらかじめ組み合わせが決まっているオーダーの他に、オリジナルで細かくトッピングを選ぶこともできます。もちろん普通にアイスクリームだけを購入することもできます。

このオリジナルな組み合わせがまたおいしそうなんですよ!「チーズケーキファンタジー」「アップルパイ・ア・ラ・コールドストーン」など、どれも食べてみたくなります。

店員さんが時々歌を歌いながらアイスクリームをこねているのが面白いです。



サイズがSやMなどではなくて「Like It」「Love It」なのも面白いですよね。



味は、甘いけれどさっぱりしていて、「これなら何個もいけるかも!」と思いました。最初は。途中からやっぱり甘さがドーンと重くなってきて、一番小さい「Like It」でも一人で食べきるのは大変でした。家の近所の店舗には目の前にスターバックスがあるので、アイスクリームを食べた後ついそこでコーヒーを買ってしまいたくなる・・・うまい商法かもしれません。



書いていたらなんだかアイスクリームが食べたくなってきました。あとでちょっと買いに行ってきます!(太りそう・・・)



公式サイトです。

http://www.coldstonecreamery.com/main/index.asp



2005/11/06 07:45

アップルパイ・ア・ラ・コースドストーン [食べ物]

TBありがとうございます♪

今日タイトルアイスを食べてきました。

前に食べたのアイスは名前は忘れてしまいましたが確かナッツなどが入っていてかなりズッシリ重かったので食べきるのが辛かったのですが、このアップルパイはかなりおいしくペロリと食べられてしまいました。かなりオススメテイストです。

次はどの味にしようかな(太りそう・・・)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。